「BLを好きな理由」を考察して変わったこと

「私はどうしてBLが好きなのか」を深く考察できたことは、私にとって大きな転機となりました。

まあ、他人にとっては正直なところ「私がどうしてBLを好きか」なんて全くどうでもいい話かもしれないんですけど(笑)。

それまでの私は、いつも何となく、自分の心や体が空っぽな感じがしていました。それもそのはずです。自分が何かをとても好きなことは確かなのに、その理由がわからないというのは実際とても変な感じですよ。今書いていて思ったんですが、これって恋に似ているかもしれませんね。あの人のことを好きで好きでたまらないことは確かなのに、理屈ではそれがなぜなのかよくわからない。でもその人なしでは人生が全く空虚に思える−−−−。

好きなBL作品について「なぜ好きなのか」が理解できたら、それがどうなったかというと、その空っぽな感じがなくなったんです。空っぽではなくて、何かが「ある」って感じになったんです。何が「ある」んでしょうか?それは多分「自分の芯」みたいなものです。失っていた自分自身を取り戻したような感じと言ったらいいでしょうか。

ビックリでしょ?!

それだけじゃなく、終わってしまった恋についての未練や執着心も綺麗に解けてなくなりました。

そしてその新しい状態で、恋愛をしたり人と関わったりするのって、それまでとは一味も二味も違う感じになったんです。

BLを読む体験って多分、女性の人生にとって数少ない「性的な欲望を人から(作品から、作者から、他の読者から)純粋に応援してもらえる機会」だと思うんですよ。

どのような欲望を持とうが、それについて「いい」とか「悪い」とか、社会的にジャッジされることなく、ただ単に「私にはこういう欲望があるんだ」ということを知ることができ、「こういう欲望があってもいいんだ」と確認することができる機会。

さらに、性的な欲求だけでなく、性に関する傷つきや、その他の感情についても「こういう思いを自分はもっていたんだ」と気づくことができ、その思いを大切にすることができるようになる。

BLについて考察する前の私は、性に関するいろんな傷つきや体験を言葉にしていなかったので、それらの体験が自分の意識と繋がっていなかったんだと思います。決して記憶を失くしていたわけではないのですが…。

「どうしてBLが好きなのかわからない」という方は、手前味噌ですが、私の書いたものを参考に一度考察してみるのはいかがでしょうか?もちろん、私とあなたがBLを好きな理由は少し違っているかもしれないし、好きな作品ごとに違う理由があるとも思いますが。

もしかしたら、思いがけない素敵なものに出会えるかもしれませんよ!