フェミニストはマゾヒズムがお嫌い?

微風が仄かな花の香を運んでくる春の夕べ−−−−。

あなたは親しい友人らと共にディナーのテーブルにつき、今まさに好物の料理を口に運ぼうとしている…。するとそこへ突如一陣の風と共に覆面の人物が現れ、あなたの耳元で次のように囁く。

「あなたは覚えていないかもしれませんがあなたがその食べ物を好んでいるのは、幼少期のトラウマの影響です」

「それを食べ続けていては幸せになれません」

「あなたはその趣味を捨て去るべきです」

言い終わるが早いかその人物は訪れた時と同じようにあっという間に視界から消えてしまった。

友人たちが何事もなかったかのように食事を続ける中で、あなたは考え込んでしまう。

❇︎     ❇︎     ❇︎

思春期以降、女性の性的なマゾヒズムに対するフェミニズムの見解に接したときに私が感じた困惑は、ちょうど上記のようなものだったと言ったら、少しは当時の私の心境を分かってもらえるだろうか?

私は、小さい子供の時分から性的なマゾヒズムを持っていた−−−−と自分では思っている。具体的には、縛られたり、自由を奪われたりすることを想像しては性的に興奮する傾向があった。

しかるにフェミニズムは、女性のこのような欲望−−−−特に男性の欲望の対象となることに興奮するような性質の欲望−−−−またはそうでなくとも女性の性にまつわる欲望全般をどうやら「男社会から押し付けられたもの」と見なしているようだ、と私は折に触れて感じるようになった。少なくとも、フェミニズムが私の性欲を応援してくれているように感じたことは、その当時皆無であった。

フェミニズムは、男性の女性に対する暴力を糾弾するとともに−−−−私としてもそれ自体に全く異論はないのだが、というか性別がどうあれ暴力には反対だが−−−−私のようなタイプの欲望の持ち主についても「男社会」に迎合するものとして糾弾しているように私には感じられた。

それにしても、自分の欲望を「男社会に押し付けられたもの」と見なす、などという考えは、私にとって不名誉極まりないことだった。

もし私の性欲が自然的なものではなく、人工的に「他者から押し付けられたもの」だとしたならば、私が自分自身の性欲を大事にすることは、私がどんどん他人の言いなりになって主体性をなくし、不幸になることにつながるのではないだろうか?そして私の性欲は恥ずかしい異常なものであり、治療しなければならないものということになりはしないか?もしフェミニストの言うことが本当なら、私は自分と性欲の形がぴったり合うパートナーを見つけることは一生無理なのではないか、なぜなら、そいつらは全員犯罪者に違いないだろうから、とさえ私は考えた。

今では笑って、なおかつ自信をもって「そんなバカなことはない」と言い切ることができるのだが、当時の私にとってこれは全く笑えない冗談だった。

私はフェミニズムが歴史上果たしてきた役割、今も果たしつつある役割を評価しているつもりだ。しかし当時の私は、それによってなおさら深刻な倫理的ジレンマに陥ったのだった。

しかも、フェミニストが言うように、ためしに自分の性欲を「押し付けられたもの」と見なしてみたところで、私自身はちっとも気分がよくならないし、欲求不満に陥るだけでなく、マゾヒスティックな欲望を自分が捨て去ることは不可能だということを痛感する結果になる、という有様だった。

私は、「暴力に反対である」という私の立場と、自分のマゾヒスティックな性的ファンタジーの両方を説明することのできる、より高次の理論で武装することなしには、もはや安心して1秒も生きていくことができないという結論に達した。

私はこういった疑問に取り憑かれて過ごした時間を無駄だったとは考えていない。なぜならこれを考え抜いたことによって私は−−−−政治家がSMについて「穢らわしい」と発言しようとも−−−−もし自分にぴったりのパートナーが見つからなくとも−−−−大手を振って通りを歩くことのできる心境になれたし、積極的に自分に合うパートナーを見つけようという気持ちになることができたからだ。

そしてBLは、このような悩みに関しても、私と同じような形の欲望を持っている女性は、決して世界に自分一人ではないし、そのような欲望を持つことと、現実の暴力に反対することとは問題なく両立しうるということを確信させてくれたのだった。

ごく最近になって私は、自分と同世代のアメリカのフェミニストが、旧い世代のフェミニズムを「女性が自らのセクシュアリティを楽しむことに罪悪感を抱かせた」として非難したということを知った。

この問題に関する現在の私の見解はこうである。もしある人が、自分の性欲の形を「押し付けられたもの」であると感じ、それを拒否したり排除することでより幸せになれるのだったら、排除することはその人にとって正しいことなのだ。しかし、それと全く同様に、ある人が自分の性欲の形に満足していて、そのことで自分も他人も不幸にすることがないのだったら、それは決して非難されるべきではない。その人にとっては、その欲望の形を大事にすることが正しいことなのだ。

ああ−−−−これで私はやっと安心して食事をとることができる。

コメントを残す