女性が「性」の主体として生きること〜BLを通して〜

さて、ここまで私をBL評論にのめり込ませたものは一体なんだったのか、ということについて、エッセイを一通り書き終えた後で、私はもう一度つらつらと考えていた。

 一般的に、BLは女性に対する家父長制の抑圧と関連しているとされている。

それでは私の生まれ育った環境は、女性差別的な要素が強かったのだろうか?いや、どちらかと言えばむしろ両親は男女同権主義的な方である。

先日親と話していて、「ああ、こういうものと私は長年戦ってきたのだな」と腑に落ちる出来事があった。

親が、私のやや露出の多い服装について小言を言ったのだ。

「そのような格好をしていると中身のない人間と思われる」あるいは実際に私が「中身のない人間なのかもしれない」ということが親の主張の中心であった。しかし、露出の多い格好とは言っても、服から胸がはみ出していたわけでもなかったし、パンツが見えていたわけでもなかった。

私としても、親が言うように「性的な魅力や外見的な魅力のみに頼り、内面を磨こうとしない人間」になりたいとは思っていないし、性的な存在として、自分の意志に反してまで人に利用されたいと思っているわけではない。そのような心配なら理解できる。

しかし同時に私は、私が「中身のない人間」かどうかということについて多分他人よりもよく知っているし、私のことを「中身のない人間だと思う人がいるかもしれない」という唯それだけの理由で、自分の服装を規制したくはないと思った。なぜ、そいつらに自分を合わせる必要があるのか?

そのような規制は、「他者評価に依存したあり方」という点で、性的な魅力や外見的な魅力だけに頼ることと、驚くほど類似していないか?

思えば親は、私が子供の時分から早四十になろうという現在に至るまで、私がおしゃれを楽しもうとしたり、髪型を変えたり、恋人を作ったりするたびに、このようなメッセージを発してきたのだ。

小学校低学年の頃だったろうか。知り合いからお古としてもらった子供用のマーメイドラインのワンピースを、試しに私に着せてみて、親は言った。「ホステスみたい」と。その一言でそのワンピースは一度も着られずに捨てられる運命となった。

私は親の声色の中に、微妙な嫌悪感と軽蔑のニュアンスを感じとった。そして、それによって私の中の「娼婦である」ような部分が傷ついた(当時その言葉を知っていたかは別として)。

もちろん娼婦とホステスは同じではない。また、当時の私が現実に性的なサービスの対価としてお金をもらっていたということではない。ここで娼婦と言ったのは、「性的な魅力に物を言わせること」として考えていただきたい。そのように考えれば、ほとんどの女性またはある場合には男性も娼婦であることに間違いないのだが、この時私は自分のセクシュアリティが、「女性としての正しいセクシュアリティ」と「そうでないセクシュアリティ(ホステス)」とに分断されたように感じていた。「これはいいけど、あれはダメ」というふうに。

先日のやりとりで私はそのことを再認識されられた。私が大人になった今でも、親が私の中の「娼婦」性を嫌っているということを−−−。親にしてみれば、私が恋人を作ったり、おしゃれを楽しむことは、娼婦であることと同様に忌むべきことらしかった。彼らは多分を私を子供扱いしているのだ。そして彼らの理屈では、彼らが思う「正常」な判断を欠いた私の行動は私が子供である証拠以外の何物でもないのだろう。

しかし彼らがこのように考えるのは、彼らの頭の中に、「女性がおしゃれをする」=「性の客体として利用される」という固定化された図式しか存在しないからかもしれないと私は思った。

私はただ、自分が性的な存在であることも含めて自分を楽しみたいと思っているだけなのだ。

つまり、性の「主体」であろうとしているだけなのだ(私はここで、性的欲望の「客体」にされることに喜びを見出すマゾヒスティックな「主体」を否定しているわけではない。それはそれで良いと思う)。

そして、このような主体としての私の欲望を仮に抑圧した場合に損なわれる私のQOL (quality of life)について、親が保障することは不可能だし、第一彼らはそれを意に介さないだろう。

小学生のとき、クラスの数名の男子が、クラス全員の前で腰をくねらせるセクシーなダンスを披露した(これは恐らくマイケル・ジャクソンの影響ではなかったかと思う)。私はクラスメートらと共にそれを楽しんだが、同じことを自分がしたら怒られるのだろうか、と考えると複雑な気持ちだった。

なぜ男の子がすると笑って受け止められることも、女の子がすると眉を顰められるのだろうかと私は納得がいかなかった(もちろんその逆の反応になる振る舞いもあるとは思うが)。

こういったことの積み重ねにより−−−もし自分が男だったら−−−私は性的な存在としての自分や「女性であること」をもっと楽に自由に楽しめるんじゃないか(時には娼婦のような部分も含めて)?と感じたことが私をBLに向かわせたのだと思う。

余談だが、私がおしゃれすることを喜ぶ男性の中には、彼らにとっての「客体」としての私のみを見ている人と、主体としての私を応援してくれる人が両方いるのはもちろんのことである。

さらなる余談。

腐女子には「非モテ」を自認する人が多いとされるが、その心は「客体」としてのみモテるぐらいならモテなくてよい−−−とする不敵な笑いなのかもしれない、とこれを書きながら私は思った。「非モテ」は、「主体である」という選択をしたことの勲章なのだ。

そうは言っても、主体としてだろうが、客体としてだろうが、その両方でモテたいというという願望があることを私は否定しないが。そうすると、さしずめ「非モテ」はやせ我慢だろうか(笑)。

✳︎コメントではなく、管理者(蟻坂真名)にメッセージを送りたい方は、メニューの「contact us」からどうぞ。

「女性が「性」の主体として生きること〜BLを通して〜」への2件のフィードバック

  1. 私も含め団塊ジュニア世代の女子は母親の呪縛から自由になって自分らしさを取り戻すことが自分の人生をいきる上で必要なのかも知れない。もちろん、母親の世代はもっと周りからの抑圧や時代の制約があって自由に生きられなかっただろうから、責めるつもりは無いけれど。
    さらに、これを次の世代に伝えないようにしたいと思うが、気づくと娘に自分の親と同じことをしている自分がいる。過剰な期待をしない、子供を自分のわくに当てはめないということは本当に難しい。

    1. ひらこさんコメントありがとうございます。親の呪縛から自由になることは私やひらこさんの世代共通の課題のような気がします。難しくても、次の世代に同じような抑圧を伝えたくない、という気持ちをひらこさんがもたれていることに、「頼もしさ」を感じます。上の世代は、周囲からの抑圧や制約と自分の考えが一体化していて、そんなふうに自分を省みることが難しい世代のように思いますから。

コメントを残す